スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「真のナポリビザ」と認定 宝塚のイタリア料理店  ~ 石窯なこと pizzaなこと ~

今日の朝刊の記事です。
すごいことです

2055

 兵庫県宝塚市のイタリア料理店「ダ・マサニエッロ」(同市伊孑志1)が、伊・ナポリのピザ職人がつくる「真のナポリピッツァ協会」の審査に合格し、同協会の認定店になった。オーナーの小松正和さん(35)はイタリアで1年間、修業して腕を磨いた。ピザ店で働き、現地の店を食べ歩いて作り上げたピザが本場からお墨付きを与えられた。

(松本大輔)


 同協会はナポリの有名店とピザ職人たちが1984年に発足。ナポリピザの伝統を守り、世界に広げることを目指し、協会が定める基準をクリアした店を「真のナポリピザ」として認定している。同協会日本支部によると、認定店は現在、世界に約300店、国内には神戸市内を含め約40店ある。

 小松さんは大阪市内の伊料理店で働いた後、31歳の時にイタリアに渡り、ピザ作りを学んだ。たどり着いたのは「表面のさっくり感」と「生地のもっちり感」。微妙な焼き具合を出すために通常は輸入する薪窯を自ら製作。耐火レンガを組み立てて溶接を施し、昨年9月にオープンした店に構えた。

 6月9日にイタリアから協会役員が来店し、味や具材、調理法などの審査を受けた。協会が定める真のナポリピザには、直径35センチ以下で円形、具を載せる中心部の厚みは0・4センチ、小麦粉はイタリア産限定‐などの条件を満たすことが求められる。

 審査員はピザを裏返して焼き加減を確認し、フォークでチーズの伸び具合などもチェック。小松さんは細かな基準をパスし、協会の標章「VERA PIZZA(真のピザ)」使用が許可された。

 審査員も自作の薪窯に関心を寄せたといい、「窯を自分で作ったので熱の効率が分かる。内部のことまで知っている職人は少ない」と自負する小松さん。称号を獲得した次の目標は、7月、ナポリで開かれる「ピザ五輪」に挑戦することだ。

 ダ・マサニエッロTEL0797・71・5971(月曜定休)

にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
よろしければクリックお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございます
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

小西農園

Author:小西農園
兵庫県三田市のトマト農園での出来事や、その周りでの出来事。。
トマト直売所の日々。
トマト農家のpizzzeriaめぐり。
pizzaの食べ歩きにはまってます。
気楽にコメントなんかも書いてください。。
兵庫県三田市志手原893-12
兵庫県道68号川西三田線沿いです。新三田からみると志手原小学校から少し猪名川・川西方面に少しすすんだことろです。
お問い合わせ電話番号
090-8799-5501

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。